ママコスメイクアップ☆

現役美容部員ママがプロ目線&ママ目線で更新!キレイになりたいママのためのブログ。

30代からのメイク法 チーク アイメイク 垢抜け色選びレッスン

 

歳を重ねるごとに、若い頃していたメイクが似合わなくなってきた!

そんなお悩みお持ちの方、多いですよね。

20代の頃はピンク系のメイクだと腫れぼったく見えてしまってブラウン系ばかり使っていたけど、30代になったら逆にブラウンがくすむようになってきた!

逆に20代の頃はピンク系が映えていたのに、30代になったら浮くようになってしまった!

…といった声を聞くことが多々あります。

今回はそんな年齢に応じたメイクのお悩みにお答えします!!

 

 

30代からのメイク法 初心者でも簡単色選びのコツ

f:id:mamacosmakeup:20190814010239j:image

いつまでも10代20代の頃のメイクでは、なぜだかしっくり来なくなってくるアラサー世代。

今までと同じメイクをしてるのに、なんだか決まらない…それもそのはず、残念ながらお顔や肌色も少しずつ変化してきているのだから。

30代からのメイク法 色選び・おすすめの似合う色は?

歳を重ねるとなんだか可愛いピンクが似合わなくなってきたり、

逆にブラウンだと顔が暗く見えるようになってきたり、

同じ色を使っていても見え方が変わってきてしまいがち。

ピンクが似合わない

ブラウンが似合わない

そういうふうに言う人が結構いますが、

ピンクってどんなピンク?

ブラウンってどんなブラウン?

ピンクはピンクでも似合うピンクと似合わないピンクがあるはずだし、ブラウンはブラウンでも似合うブラウンと似合わないブラウンがあるはず!

こればっかりは肌色を実際に見てみないとわからないところですが、敬遠しがちだった色でも選び方や合わせ方次第で似合う色が必ず見つかるはずです。

30代からのメイク法 色選び・顔色が良く見えるピンクとは?

同じ年齢層でも人によって肌色は違うので、一概には言えませんが、

THEピンクっていう感じのかわいらしい青みピンクが似合わなくなってきたという場合には、

淡いピンクピンクベージュ系を選んでみるのはいかがでしょうか?

f:id:mamacosmakeup:20190814010344j:image

30代からのメイク法 色選び・顔色が良く見えるブラウンとは?

ブラウンは影の色。使い方次第では暗くくすんで見えてしまう色ですよね。

10代20代のハリがある若いお肌には、逆に締め色として使うことで効果が得られていましたが、

お疲れが出がちな30代のお肌には、使い方次第では逆効果になりがちです。

でもブラウン系といっても、グレー系・寒色系のブラウンピンクオレンジ系・暖色系のブラウンなど、色々種類があります。

こちらも肌色によりますが、一般的には暖色系のあたたかみのあるブラウンをあわせることで、顔色を明るくすることができます。

30代からのメイク法 チークやアイメイクのやり方は?

30代になってから、この色が似合わなくなった!!

という方が多いですが、それって意外と使い方次第!!っていうことも考えられます。

例えばチーク。

10代20代の頃は、どこに入れたってかわいい!!のがチークです。

もちろん基本のバランスはありますが、流行に応じて内側に真ん丸くいれてもかわいい!高い位置にふんわりいれてもかわいい!

それが若さです(笑)

若いうちはチークなんて入れなくても良いくらい、肌に透明感もある!血色感もある!ハリ感もある!なので何やったってテクニックがなくたって可愛く仕上がっていたはずです。

ところがどっこい、ちょこっとテクニックが必要になってくるのがアラサー世代のメイク。

30代からのメイク法・チークの入れ方

若い頃は何も考えずにどこにどんな風に入れてもかわいかったチーク。

アラサー世代になると、透明感を出したい!血色を良く見せたい!ハリ感を出したい!などなど、いろんな思惑をもってつけるようになるチーク(笑)

若い頃は内側に入れても高い位置に入れても低い位置に入れてもなんでもアリですが、30代からはバランス良く入れないと大変なことになります!

 

<絶対にやってはいけない入れ方>

×低い位置・黒目より内側に丸く入れること!

 

<おすすめの入れ方>

○黒目より外側・小鼻の高さより上側に入れること!

f:id:mamacosmakeup:20190814104021j:image

低すぎる位置・内側すぎる位置に入れてしまうと、頬が下がって見えて、口元のほうれい線が強調されてしまうという恐ろしい現象が起きてしまいます。

また、チークはぼかし方もポイントになるので、単色でぼかすよりも濃い色と淡い色の2色使いでふんわりぼかして立体感を出すというのもおすすめです。

大きめのブラシでふんわりと入れることもポイントの一つ。

小さめのブラシで入れてしまうと、濃くしっかりとついてしまうので、おてもやんになりがち!

30代からのメイク法・アイシャドウの入れ方

アイシャドウも、若いうちはキレイな色をパパッとつけておけばなんとなくキマッていたと思いますが、そうはいかなくなってくるのがアラサー世代!

『ピンクが似合わない』『ブラウンがくすむ』

そんなお声が多いですが、『じゃぁ一緒に使ってみれば?』と言いたい。

 

腫れぼったく見えるピンク=ハリが出る

影になってくすむブラウン=締め色になる

ピンク×ブラウン=立体感!!

 

ってことです。

f:id:mamacosmakeup:20190814104625j:image

  1. ふんわり立体感が出るピンクをアイホール全体に入れる
  2. 引き締め色のブラウンを目の際・影にしたい部分に入れる

相反する色だからこそ、一緒に使うことでナチュラルな立体感を出すことができます。

 

『もう似合わないから使えない・・・』

そう思っていた色でも組み合わせ次第ではまだまだ使えるかもしれません!

たとえば上からハイライトを重ねてぼかしてみたり、ベージュ系のカラーで馴染ませてみたり、ちょっとしたテクニックでまだまだ活用できるかもしれないですよ!

ぜひぜひ色々試してみてください!